top of page
  • 株式会社エービーコンサルティング 鈴木健彦

やらかしました 浴室睡眠

昨晩、ひさびさに浴槽に浸かったまま、寝てしまいました。気持ちがいいんですよね。

半身浴状態だったからよかったのですが、危なく溺死するところでした。

 日本法医学会課題調査報告をみると、浴室内の溺死事故は結構多いそうです。

浴室内の死亡事故は三大原因で①虚血性心疾患などの心疾患、②脳血管障害、③溺死となっているようです。溺死者数、平成20年~平成22年の3年間で約1700人。男女比では女性の方が微妙に多く、高齢者の割合も多いです。


 家族の声掛けで、うっかり寝で溺れてしまうことがない様に心配りがあるかもしれません。昨夜は自分一人が遅かったので、声掛けてもらえなかったのも要因でした(苦笑)

 

 それから、浴槽死亡事故の①、②は他の居室との寒暖差のない浴室作りで回避できる可能性のあるものです。機密断熱をしっかりして、浴槽や浴室自体の省エネ効果の高い素材で作れると良いと思います。

 

 今は自宅内での事故死者数が1万人超と交通事故の死者数(5千人台まで減少)の2倍以上です。車の安全性能の進化は見えやすくても、住宅の進化は見えにくいところもあるかなと感じます。

 でもリフォームを考えるときは、間取りなどだけではなく、安全健康にももっとお金を使っても良いのかもしれませんね。


 不動産事業者ですが、住宅性能などもそれなりに勉強しています。ご相談いただければ、書けない裏話も話してしまうかもしれません(笑)


まずは溺死しなくて良かった!



閲覧数:80回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨年中は多くの皆様に支えていただき、無事に事業を継続することができました。 関りをお持ちいただいた皆様に感謝申し上げます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。 6月から始まった弊社第5期も順調に推移し、鈴木が不動産業界に入ってから売買契約仲介件数が半年で最も多くありました。社会情勢の先が読み難い中であっても、相続や終活、事業活動として等、様々なお客さまをご紹介いただきお仕事をさせていただきました

農業売上高9兆円産業、アニメーション・ゲーム産業は9兆円産業。これにはいわゆる聖地巡礼などといった観光波及効果、コスプレ・フィギュア制作・販売のすそ野の広がりは含まれていません。 食のセキュリティが言われている中、農業の重要性はわかっているつもりです。産業規模として、アニメーションやゲームといったものは農業以上の売り上げがあり、かつ、世界市場で闘える数少ない国内産業になってきています。 しかし、地

最終回、火曜日夜にリアルタイムで見ることができました。「サブリース」が今回のテーマで、昼間の情報番組でもNHKでは過去のサブリースによる消費者問題化した事例を放送していたようです。 サブリースとは、所有者の方が「丸投げ又貸し」をする事業者にお任せして、「家賃保証」をしてもらって楽に収益を上げようというもの。 しかし、この契約に色々と罠が仕掛けれていて… 結果的に仲介事業者や建設事業者が設けて、投資

bottom of page