• 株式会社エービーコンサルティング 鈴木健彦

アフターコロナ、ニューノーマルのための地方拠点強化税制利活用  地域内移転も対象になる場合も!

コロナ禍を受けてワーケーションやテレワークのことが話題になることが増えています。

人が引っ越しすることなどに対しては総務省系の補助金などが各自治体に載っていることが増えてきているように思えます。

働く「人」の移動に加えて、企業に対しての補助金減税制度もあります。前者は製造業向けに「サプライチェーン補助金」と言われているものがあり、製造系企業の国内回帰を支援すようとするもので、来年度も延長されるのではないかと考えています。


 減税支援では、地方拠点強化税制が使える可能性があります。でもこれが相変わらず、東北地域では知られていない。地方移転を提案する自治体は、まずこれをきちんと説明すべきです。過年度の適応漏れ企業様も私が知っているだけで、宮城だけでも数件以上あります。

弊社HPに昨年度事業で作成した福島県のパンフレットを掲載しています。ご参考ください。パンフとの今年度の制度の変更点は、申請期間が来年度末、事業期間が令和5年度末になったことなどがあります。いきなり県庁に聞くのが気がかりの企業様は、日本立地センターや弊社にお問い合わせくだされば、お話をお聞きし適用可能性の可否や行政窓口をご案内します。ご案内は無償です。


https://www.abconsulting-tohoku.com/blank-1

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨年度、経済産業省東北経済産業局による調査を受託し、取りまとめた内容が以下の東北経済産業局HPに公開されました。 東北地方に立地する関係産業を地図上に落とし込んだ資料や関連講演会の講演録などが掲載されています。 また、東北地方になかった「ゲーミングPC付賃貸住宅」を平和住宅情報センター様に取り組んでいただいている他、企業誘致の可能性なども本調査で把握できました。(誘致関係は本報告書には掲載していま

コロナ禍に大きく影響を受けた2021年。 皆さまはどのような1年を過ごされておりましたでしょうか? ブログ更新も相当怠けていましたが、不動産売買では大学不動産業務を通じた売買仲介で東京都内の土地を扱わしてもらえたり、地元仙台でも相続後の資産の組替え整理のお手伝いをさせて頂いたほか、区分マンション仲介もさせて頂きました。 調査業務では経済産業省東北経済産業局のコンテンツ産業の基礎調査をさせて頂き、平