• 株式会社エービーコンサルティング 鈴木健彦

マイホーム借り上げ制度の制度の変更

最終更新: 2018年8月22日

「マイホームが年金になる」がキャッチコピーのマイホーム借り上げ制度。移住すみかえ支援機構が運営主体になっている家賃保証がある国の制度の一つです。ストックとしての住宅の価値を上げて、市場に流通させようというものです。

これが、仙台圏では本当に認知度が低いです。事業者目線で見ると報告書やら諸手続きが面倒という事や、広告宣伝費がなくCMがないというのが、大きな理由だと思います。


マイホーム借り上げ制度は賃貸の一つですが、いったん入居者が出た後の家賃保証と定期借家制度を活用するのが特徴です。オーナーさんの権利が強く、普通借家の様に入居者がいつまでも希望すれば居られるというものではありません。(ただし、転勤期間の貸し出しだと難しいです)


これまで、定期借家契約であるために相場よりも1割程度は安い賃料で貸し出し、その85%がオーナーさんの月家賃(15%は管理費と制度維持費→家賃保証分に回ります)でした。これが、賃貸市場として活発なエリアは相場並みの賃料で貸し出し頂けることになりました。仙台圏だと仙台駅周辺や、旧仙台市など中心部はそのような対象になると思われます。


一方、郡部に関してはちょっと制度が厳しくなりました。家賃保証の査定金額が、賃貸利用のお客様が付きにくい地域は場合によっては、市場価格の半額程度しか出ない場合もあります。これらは、査定させていただいた時点で所有者様にご報告させていただきます。


詳細をお聞きになりたい方がいらっしゃましたら、弊社にお気軽にお問合せください。

もしくは移住・すみかえ支援機構へご連絡ください。

   http://www.jt-i.jp/index.html



9回の閲覧

最新記事

すべて表示

不動産事業でお客様から頂いたお話で

「ここまで丁寧にしてもらって、早く売却処理できると思わなかった」「特に残置物処理を大手の見積もりの半額できちんとやってもらえて驚いた」「知人だから色々と配慮してくれたんでしょ」とお褒め頂きました。 ブログをもしかするとご覧いただいているかもしれませんので(笑)、否定できなかったことを。 感謝頂き、人に役だったと思える事が仕事に対するモチベーションです。お話しいただき、素直に嬉しく思いました。 知人

女川原子力発電所関連報道に関する所感

政治的な話題ともなってしまうため、会社ブログに記載するのもどうかなと思いまして、珍しくFBに連続で投稿しています。ご興味をお持ちいただける方はぜひご覧いただければ幸いです。 https://www.facebook.com/Takehiko.Suzuki88 エネルギー問題は東北の地域振興を考えるとき、避けて通れない重要な課題です。でも一般的に議論を避けられる傾向にあります。 原子力発電は過渡期の

コロナ禍での移住を考える

今朝、モーニングショーを何気に見ていて、コロナ禍を契機とした「移住」の特集をやっていた。 都心から100km圏内へ広い住宅、都心と変わらない賃料や安価な土地建物を求めてオーシャンビューの物件等を紹介していた。 コロナ禍で、密を避けるのは大切で、住環境を良いところに求めていくのは重要。でも、台風や地震、その他のことでの災害リスクをどう考えるかも大事。 教育をどうするのか。小中高を伸び伸びと、でも受験