• 株式会社エービーコンサルティング 鈴木健彦

リアル正直不動産を目指して (期末の反省)

今月末で無事に創業から4期目が終わります。

多くの皆様に支えていただきながら、売買仲介と関連する調査コンサルの事業継続ができています。不動産業界へ転職して10年目に入りました。関係頂いた皆様に感謝です。


 さて、NHKの「正直不動産」が好評のようです。原作も読んで、ドラマも見ています。今日は、「地面師」がテーマでした。幸いなことに、私は関係することなくこれまで来ていますが、不動産業界に入ってすぐ、「人を信じるな」、「だます奴が多いから気をつけろ」という事は、先輩から最初に強く指導を受けたことでした。それだけに、数年前の地面師の事件はその規模にも驚きました。

 この地面師の話はおいておいて、不動産業界に転職した当時から「正直」は意識しています。転職直後、某住宅メーカー社長へ挨拶した際、「前からよく知っているんだし、不動産業界に来たからって私をだますようなことは絶対しないよね」と言われました。その時に同席していた先輩からは「真面目がとりえのはずなので、こいつが嘘付くようになったら、刺しますね(笑)」と更にクギを刺されました。

 嘘は苦手なところもあり、取り繕いが下手な「報道担当」を行っていた時代も、とにかく「正直」にやってきたと思います。馬鹿正直なところで、「やらざるを得なかった」のかもしれません。

 結果、独立開業してからの5年間も正直ベースでやってきたと思っていますし、これからもそのスタンスは続けていきます。

 これからもよろしくお願いします。


 次回以降のブログで、SGFP東北というファイナンシャルプランナーの勉強会で講師をした際の、正直不動産のネタになりそうな事例の紹介もしていこうかと思います。



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

最終回、火曜日夜にリアルタイムで見ることができました。「サブリース」が今回のテーマで、昼間の情報番組でもNHKでは過去のサブリースによる消費者問題化した事例を放送していたようです。 サブリースとは、所有者の方が「丸投げ又貸し」をする事業者にお任せして、「家賃保証」をしてもらって楽に収益を上げようというもの。 しかし、この契約に色々と罠が仕掛けれていて… 結果的に仲介事業者や建設事業者が設けて、投資

昨日ではなく、前回放送時でしょうか、 ご年配の方のご自宅の売却を進めようとしていた桐山が、市場価格よりも安価な価格での契約を進めようとしていて、月下が騙されているからと売主のご年配の方に契約をやめさせようとしていた話がありました。 (以下、ネタばれ注意です) 時間を掛けて、更に手間も掛けて売却しても良いお客様であれば、市場価格並みというか、それ以上の価格で売却できることも有ると思います。 今回のド

昨年度、経済産業省東北経済産業局による調査を受託し、取りまとめた内容が以下の東北経済産業局HPに公開されました。 東北地方に立地する関係産業を地図上に落とし込んだ資料や関連講演会の講演録などが掲載されています。 また、東北地方になかった「ゲーミングPC付賃貸住宅」を平和住宅情報センター様に取り組んでいただいている他、企業誘致の可能性なども本調査で把握できました。(誘致関係は本報告書には掲載していま