• 株式会社エービーコンサルティング 鈴木健彦

住宅ローン減税の 面積要件緩和?! 21年税制改正に向けて

今朝の共同報道で、対象となる面積が50㎡から40㎡に緩和されるそうです。コロナ禍で在宅勤務が増える風潮の中であって狭い家から広い家に引っ越す夫婦世帯の話もある中で、どうなんだろうと思います。それよりなにより、40㎡の物件は本当に単身用というくらいに内覧して感じています。


コロナ禍以前から税制改正の検討が進んでいただろうから、仕方ない部分もあると思いますが。


それよりもリノベーション物件が増加中であり、建物の改修技術も一般的に良くなっていることを勘案し、対象年月をより築古まで広げてもらった方が恩恵になる世帯が増えるのではないでしょうか。古くてもきちんと手入れをしている住宅はマンションも含めてストックです。そのような国土交通省の政策ともマッチしてくると思っています。


住宅減税、床面積40平方mから 21年度、要件を緩和(共同通信) - Yahoo!ニュース

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

倒産件数2000年以降で2番目の低水準に隠れていること

毎年、年末から3月までは業務報告書作りに没頭してます。 その原稿作成に行き詰って、帝国データバンクの昨年1年間の倒産集計をみてました。 仙台の街中も撤退した空き店舗が目立ってきており、先月中旬に東京に行った際も、廃業や休業が目立っています。今日、昨日は大手飲食チェーンの苦境が報道されています。 その様な実体経済と合わないような倒産件数と負債総額。 倒産件数は2000年以降で2番目の低水準の7809

立教大学講演会 IN仙台 中止のお知らせ

池上彰先生をお招きして1月23日に開催予定であった講演会は、コロナ禍の動きを受けて中止となりました。 また、社会情勢が落ち着きましたら、このような地方交換会は仙台でまず最初に行えるようにしていきたいとお話を大学の担当者から頂いております。 大変残念でけど、仕方ないです。感染拡大が一刻も早く収束することを願っております。