• 株式会社エービーコンサルティング 鈴木健彦

地域の強みを生かして新な強みに

10数年ぶりの京都。

昼間は役所調査ほかで全く時間がないから、せめて夜のお散歩です。

新型コロナ患者数が京都も過去最大となったということで、観光の街とはいえ人出がすくない。でも、飲食でオープンカフェやガラス越しに中が見えるオシャレ系の飲食店は8割方人が入っていることろも。東北新幹線は5割くらいの乗車率が、東海道新幹線は7割くらいの乗車で、地域性はあるかも知れません。


京都は神社仏閣が他地域をその歴史で圧倒しているわけです。

これに近年のライトアップなどをうまく組み合わせると新たな魅力がになって。

あえて、夜に観光したい人たちも出てくるでしょう。


東北も新な観光資源化する街もあるけど、似たような取り組みでは京都に負ける。

仙台の光のページェントは都内の表参道などにも欅が背が高いため、負けていない。こういう強みのあるところを、更に強めることが、今求められているような気がします。

電線地中化されていないけれど、実際に歩くと電線が不思議な感じを更に深めているように思えました。


二年坂は伝染がなくて綺麗です。





9回の閲覧

最新記事

すべて表示

住宅ローン減税の 面積要件緩和?! 21年税制改正に向けて

今朝の共同報道で、対象となる面積が50㎡から40㎡に緩和されるそうです。コロナ禍で在宅勤務が増える風潮の中であって狭い家から広い家に引っ越す夫婦世帯の話もある中で、どうなんだろうと思います。それよりなにより、40㎡の物件は本当に単身用というくらいに内覧して感じています。 コロナ禍以前から税制改正の検討が進んでいただろうから、仕方ない部分もあると思いますが。 それよりもリノベーション物件が増加中であ