• 株式会社エービーコンサルティング 鈴木健彦

地域の強みを生かして新な強みに

10数年ぶりの京都。

昼間は役所調査ほかで全く時間がないから、せめて夜のお散歩です。

新型コロナ患者数が京都も過去最大となったということで、観光の街とはいえ人出がすくない。でも、飲食でオープンカフェやガラス越しに中が見えるオシャレ系の飲食店は8割方人が入っていることろも。東北新幹線は5割くらいの乗車率が、東海道新幹線は7割くらいの乗車で、地域性はあるかも知れません。


京都は神社仏閣が他地域をその歴史で圧倒しているわけです。

これに近年のライトアップなどをうまく組み合わせると新たな魅力がになって。

あえて、夜に観光したい人たちも出てくるでしょう。


東北も新な観光資源化する街もあるけど、似たような取り組みでは京都に負ける。

仙台の光のページェントは都内の表参道などにも欅が背が高いため、負けていない。こういう強みのあるところを、更に強めることが、今求められているような気がします。

電線地中化されていないけれど、実際に歩くと電線が不思議な感じを更に深めているように思えました。


二年坂は伝染がなくて綺麗です。





閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨年度、経済産業省東北経済産業局による調査を受託し、取りまとめた内容が以下の東北経済産業局HPに公開されました。 東北地方に立地する関係産業を地図上に落とし込んだ資料や関連講演会の講演録などが掲載されています。 また、東北地方になかった「ゲーミングPC付賃貸住宅」を平和住宅情報センター様に取り組んでいただいている他、企業誘致の可能性なども本調査で把握できました。(誘致関係は本報告書には掲載していま

コロナ禍に大きく影響を受けた2021年。 皆さまはどのような1年を過ごされておりましたでしょうか? ブログ更新も相当怠けていましたが、不動産売買では大学不動産業務を通じた売買仲介で東京都内の土地を扱わしてもらえたり、地元仙台でも相続後の資産の組替え整理のお手伝いをさせて頂いたほか、区分マンション仲介もさせて頂きました。 調査業務では経済産業省東北経済産業局のコンテンツ産業の基礎調査をさせて頂き、平