• 株式会社エービーコンサルティング 鈴木健彦

災害時の減災のため各人備品ストックを

東京都中央区はマンション、その他ビル新築時に一定階ごとに災害時の備品ストックを条例で義務化しているそうです。

仙台でも東日本大震災の時には、物資がなくなり、ガソリンスタンド、給水関係で大行列でした。

今回、関西の台風、北海道の地震と連日、行列が報道されています。首都圏も先週の雷害では電車が止まって、行列ができてました。



冊子「東京防災」http://www.bousai.metro.tokyo.jp/1002147/

すごく参考になると思います。英語、韓国語など諸外国語版もあります。

ネットでぜひ多くの方にご覧いただき、身近なものとして備えていただきたいと思います。

前々職当時、広域消防本部との連携で地域の婦人防火クラブなどの方を対象に「電気の安全と省エネ」「災害に備えた電気の安全」等といった講演をやらせて頂いていたことがありました。東日本震災後に、話を聞いていただいた方から、話を聞いて手回し発電機付きラジオを準備していたので、情報と明かりに困らず良かったから感謝してたんだと言っていただいた事もありました。

備えがあれば憂いは少なくて済む可能性が高まります。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

最終回、火曜日夜にリアルタイムで見ることができました。「サブリース」が今回のテーマで、昼間の情報番組でもNHKでは過去のサブリースによる消費者問題化した事例を放送していたようです。 サブリースとは、所有者の方が「丸投げ又貸し」をする事業者にお任せして、「家賃保証」をしてもらって楽に収益を上げようというもの。 しかし、この契約に色々と罠が仕掛けれていて… 結果的に仲介事業者や建設事業者が設けて、投資

昨日ではなく、前回放送時でしょうか、 ご年配の方のご自宅の売却を進めようとしていた桐山が、市場価格よりも安価な価格での契約を進めようとしていて、月下が騙されているからと売主のご年配の方に契約をやめさせようとしていた話がありました。 (以下、ネタばれ注意です) 時間を掛けて、更に手間も掛けて売却しても良いお客様であれば、市場価格並みというか、それ以上の価格で売却できることも有ると思います。 今回のド

今月末で無事に創業から4期目が終わります。 多くの皆様に支えていただきながら、売買仲介と関連する調査コンサルの事業継続ができています。不動産業界へ転職して10年目に入りました。関係頂いた皆様に感謝です。 さて、NHKの「正直不動産」が好評のようです。原作も読んで、ドラマも見ています。今日は、「地面師」がテーマでした。幸いなことに、私は関係することなくこれまで来ていますが、不動産業界に入ってすぐ、「