• 株式会社エービーコンサルティング 鈴木健彦

相続土地建物の3000万円までの課税免除特例

相続日から起算して3年を経過する日の属する年の12月31日までに、被相続人の居住の用に供していた家屋を相続した相続人が、当該家屋(耐震性のない場合は耐震リフォームをしたものに限り、その敷地を含む。)又は取壊し後の土地を譲渡した場合には、当該家屋又は土地の譲渡所得から3,000万円を特別控除するという制度があります。


来年度末までの制度で、相続した土地建物が旧耐震(昭和の宮城県沖地震の前の耐震基準の建物)の場合は、売主が解体更地化し、買主に渡す必要が有ります。


解体費がかかるのはバカ臭いと思う方も居るかもしれませんが、2000万円で土地が売れると譲渡益課税は400万円くらい。解体費は150万円くらいです。


もしも相続した土地建物があって、どうしようか悩まれている方がいらっしゃいましたらご相談ください。ご相談ください。




http://www.mlit.go.jp/common/001127709.pdf#search=%27%E7%9B%B8%E7%B6%9A%E7%89%A9%E4%BB%B6%E3%81%AE3000%E4%B8%87%E5%86%86%E8%AA%B2%E7%A8%8E%E5%85%8D%E9%99%A4%27

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

最終回、火曜日夜にリアルタイムで見ることができました。「サブリース」が今回のテーマで、昼間の情報番組でもNHKでは過去のサブリースによる消費者問題化した事例を放送していたようです。 サブリースとは、所有者の方が「丸投げ又貸し」をする事業者にお任せして、「家賃保証」をしてもらって楽に収益を上げようというもの。 しかし、この契約に色々と罠が仕掛けれていて… 結果的に仲介事業者や建設事業者が設けて、投資

昨日ではなく、前回放送時でしょうか、 ご年配の方のご自宅の売却を進めようとしていた桐山が、市場価格よりも安価な価格での契約を進めようとしていて、月下が騙されているからと売主のご年配の方に契約をやめさせようとしていた話がありました。 (以下、ネタばれ注意です) 時間を掛けて、更に手間も掛けて売却しても良いお客様であれば、市場価格並みというか、それ以上の価格で売却できることも有ると思います。 今回のド

今月末で無事に創業から4期目が終わります。 多くの皆様に支えていただきながら、売買仲介と関連する調査コンサルの事業継続ができています。不動産業界へ転職して10年目に入りました。関係頂いた皆様に感謝です。 さて、NHKの「正直不動産」が好評のようです。原作も読んで、ドラマも見ています。今日は、「地面師」がテーマでした。幸いなことに、私は関係することなくこれまで来ていますが、不動産業界に入ってすぐ、「