• 株式会社エービーコンサルティング 鈴木健彦

相続(争族)案件のご相談  遺留分減殺請求権は、知ってから1年で時効

相続後、相当数年が経過した戸建て賃貸物件のオーナー様からのご相談でした。

ご兄弟から、売却した場合の利益と賃貸で貸し出している部分の利益の半分を貰いたいという申し出を受けたので、土地建物を売却した場合いくらになるのだろうか教えて欲しいというものです。


簡易査定もしましたが、

そもそも相続した時点で申し出をされたご兄弟の方は相続が発生した事をご存じであり、司法書士さんに遺産分割協議書を作ってもらって同意のうえで、相続登記をお済ませになっています。

相続財産のうち法定相続分はもらいたいという権利の行使は、遺留分減殺請求権で認められています。しかし、これか相続があったことを知ってから1年で事項を迎え請求することができなくなります。

ご相談者が兄弟間のイザコザを回避したいし、「気持ちだけご兄弟にお渡しする」のはありだと思いますが、法的にはご兄弟の方の申し出はなかなか難しいのではないかな、と思っています。

本当に争うという事をご兄弟がお話しされているという事なので、ご相談者には私のお付き合いのある弁護士の先生をご紹介することとし、まず相続登記された時の事実関係の確認とお話合いをお勧めしました。


「争族」って、本当に多いなぁというのがこの業界に入って感じているものです。子世代はどうしようもないものでもあるので、親世代が子世代の争いを回避できるように何とかして欲しいものです。

遺書と遺言は違います。遺言は「保険」と同じように万一の対策のもの。後の争族を回避するため、司法書士さん、行政書士さん、弁護士さんと上手くお付き合い頂くようにお手伝いをするのもお仕事の一つなんだろうなと思っています。

4回の閲覧

最新記事

すべて表示

不動産事業でお客様から頂いたお話で

「ここまで丁寧にしてもらって、早く売却処理できると思わなかった」「特に残置物処理を大手の見積もりの半額できちんとやってもらえて驚いた」「知人だから色々と配慮してくれたんでしょ」とお褒め頂きました。 ブログをもしかするとご覧いただいているかもしれませんので(笑)、否定できなかったことを。 感謝頂き、人に役だったと思える事が仕事に対するモチベーションです。お話しいただき、素直に嬉しく思いました。 知人

女川原子力発電所関連報道に関する所感

政治的な話題ともなってしまうため、会社ブログに記載するのもどうかなと思いまして、珍しくFBに連続で投稿しています。ご興味をお持ちいただける方はぜひご覧いただければ幸いです。 https://www.facebook.com/Takehiko.Suzuki88 エネルギー問題は東北の地域振興を考えるとき、避けて通れない重要な課題です。でも一般的に議論を避けられる傾向にあります。 原子力発電は過渡期の

コロナ禍での移住を考える

今朝、モーニングショーを何気に見ていて、コロナ禍を契機とした「移住」の特集をやっていた。 都心から100km圏内へ広い住宅、都心と変わらない賃料や安価な土地建物を求めてオーシャンビューの物件等を紹介していた。 コロナ禍で、密を避けるのは大切で、住環境を良いところに求めていくのは重要。でも、台風や地震、その他のことでの災害リスクをどう考えるかも大事。 教育をどうするのか。小中高を伸び伸びと、でも受験