• 株式会社エービーコンサルティング 鈴木健彦

農業をディするつもりは毛頭ありませんが、アニメーション・ゲーム産業は12兆円産業

農業売上高9兆円産業、アニメーション・ゲーム産業は9兆円産業。これにはいわゆる聖地巡礼などといった観光波及効果、コスプレ・フィギュア制作・販売のすそ野の広がりは含まれていません。


食のセキュリティが言われている中、農業の重要性はわかっているつもりです。産業規模として、アニメーションやゲームといったものは農業以上の売り上げがあり、かつ、世界市場で闘える数少ない国内産業になってきています。


しかし、地方では「アニメーション、ゲームなんて遊んでないで、仕事しろ!」という偏見がまだまだ多く、それは東北には強いと感じます。私も実は昨年、調査をするまでは産業としてこのような大きなものであることを知りませんで、偏見を持つ側でした。


インバウンドは東北に1%40万人来ていたかどうか、と言いますが、アニメーション、ゲームの12兆円のうち、1%の1200億円の売り上げは東北ではないでしょう。

しかし、アニメーションの原作者や関係している企業はそれなりにあるのです。

自分も大好きだった機動戦士ガンダムはその一部が福島県いわき市で作られていたこと、今年頭に話題となった「呪術廻戦」は仙台のスタジオも制作に加わっています。

フィリピンやブラジル、イタリア等バレーボールが盛んな地域では仙台が舞台で登場する「ハイキュー」が大人気だそう。


コンテンツ産業ということで括られるアニメーション、ゲームはやり方によってまだまだ地域産業として、東北でもやれる可能性があると感じています。


東北工業大学で今年から「アニメビジネス論」を教養教育科目に採用されたということなど、専門学校も数多く、課題は有っても少しずつこの地域でも育って欲しいと思います。


 #ゲーム #アニメーション #地域振興 #産業振興 #コンテンツ産業 #東北

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

最終回、火曜日夜にリアルタイムで見ることができました。「サブリース」が今回のテーマで、昼間の情報番組でもNHKでは過去のサブリースによる消費者問題化した事例を放送していたようです。 サブリースとは、所有者の方が「丸投げ又貸し」をする事業者にお任せして、「家賃保証」をしてもらって楽に収益を上げようというもの。 しかし、この契約に色々と罠が仕掛けれていて… 結果的に仲介事業者や建設事業者が設けて、投資

昨日ではなく、前回放送時でしょうか、 ご年配の方のご自宅の売却を進めようとしていた桐山が、市場価格よりも安価な価格での契約を進めようとしていて、月下が騙されているからと売主のご年配の方に契約をやめさせようとしていた話がありました。 (以下、ネタばれ注意です) 時間を掛けて、更に手間も掛けて売却しても良いお客様であれば、市場価格並みというか、それ以上の価格で売却できることも有ると思います。 今回のド

今月末で無事に創業から4期目が終わります。 多くの皆様に支えていただきながら、売買仲介と関連する調査コンサルの事業継続ができています。不動産業界へ転職して10年目に入りました。関係頂いた皆様に感謝です。 さて、NHKの「正直不動産」が好評のようです。原作も読んで、ドラマも見ています。今日は、「地面師」がテーマでした。幸いなことに、私は関係することなくこれまで来ていますが、不動産業界に入ってすぐ、「