• 株式会社エービーコンサルティング 鈴木健彦

地方拠点強化税制

管理間接部門、研究開発や研修施設の設備投資を行うと減税になる可能性があるという制度です。この相談窓口は各道府県の企業誘致や産業振興を行うセクションです。


この制度はアベノミクスの地方創生の一環でできたものの、知れ渡っておらず使われていない事例が多くあるのではないでしょうか。

津波を被って内陸に避難して事業を行っていた企業が、業績も良く防潮堤もできたので元の地域に戻ろうかといった場合も使える可能性があります。


税制大綱に「拠点強化税制  本社機能の移転による減税 延長と緩和」といった内容しか記載がなく、税理士の先生や国税庁系の経済団体である法人会の方も認識していないことが多々ありました。広告宣伝費があれば使ってもらえる可能性も高まるのですが……


そのようなことを帝国データバンク様の帝国ニュース東北版の「東北の産業振興よもやま話」に書かせていただきました。



様々な権利は作らているのですが、制度そのものを知らなかったり、手順を踏んでいないと恩恵が受けられません。宅建士ややファイナンシャルプランナーとして相談を受けている時もそれは時に感じていることです。情報の拡散手法、人にはどうしても「バカの壁(関心のある事柄以外はスルーする)」があるので、どうしたもんかなぁと考えているところです。ところです。

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

最終回、火曜日夜にリアルタイムで見ることができました。「サブリース」が今回のテーマで、昼間の情報番組でもNHKでは過去のサブリースによる消費者問題化した事例を放送していたようです。 サブリースとは、所有者の方が「丸投げ又貸し」をする事業者にお任せして、「家賃保証」をしてもらって楽に収益を上げようというもの。 しかし、この契約に色々と罠が仕掛けれていて… 結果的に仲介事業者や建設事業者が設けて、投資

昨日ではなく、前回放送時でしょうか、 ご年配の方のご自宅の売却を進めようとしていた桐山が、市場価格よりも安価な価格での契約を進めようとしていて、月下が騙されているからと売主のご年配の方に契約をやめさせようとしていた話がありました。 (以下、ネタばれ注意です) 時間を掛けて、更に手間も掛けて売却しても良いお客様であれば、市場価格並みというか、それ以上の価格で売却できることも有ると思います。 今回のド

今月末で無事に創業から4期目が終わります。 多くの皆様に支えていただきながら、売買仲介と関連する調査コンサルの事業継続ができています。不動産業界へ転職して10年目に入りました。関係頂いた皆様に感謝です。 さて、NHKの「正直不動産」が好評のようです。原作も読んで、ドラマも見ています。今日は、「地面師」がテーマでした。幸いなことに、私は関係することなくこれまで来ていますが、不動産業界に入ってすぐ、「