• 株式会社エービーコンサルティング 鈴木健彦

投資用マンションの探し方に思うこと

先日、1件都内の物件のご契約をさせていただきました。


いわゆる「三為」でした。



弊社広告のアクセス解析を見ると、エンドの投資家さんはほとんど見ていないに等しい感じです。結局、三為をやれる事業者さんが、エンドの投資家さんをがっちりつかんでいるから、エンドの投資家様がご自身で物件探索をやらなくなっているのだなぁという実態がよくわかりました。

セミナー系、毎日のように各所で開催されています。これでエンドの投資家さんをがっちりつかんでいるのでしょう。

このような三為事業者の方のやり方と、波は地方にも多少出てきている感じがします。


その様な中でS銀行の不正融資の件、個人投資家さんの気持ちを削ぐ動きであり、マイナス影響が市況にこれ以上広がらなければ良いなと思っています。

7回の閲覧

最新記事

すべて表示

不動産事業でお客様から頂いたお話で

「ここまで丁寧にしてもらって、早く売却処理できると思わなかった」「特に残置物処理を大手の見積もりの半額できちんとやってもらえて驚いた」「知人だから色々と配慮してくれたんでしょ」とお褒め頂きました。 ブログをもしかするとご覧いただいているかもしれませんので(笑)、否定できなかったことを。 感謝頂き、人に役だったと思える事が仕事に対するモチベーションです。お話しいただき、素直に嬉しく思いました。 知人

女川原子力発電所関連報道に関する所感

政治的な話題ともなってしまうため、会社ブログに記載するのもどうかなと思いまして、珍しくFBに連続で投稿しています。ご興味をお持ちいただける方はぜひご覧いただければ幸いです。 https://www.facebook.com/Takehiko.Suzuki88 エネルギー問題は東北の地域振興を考えるとき、避けて通れない重要な課題です。でも一般的に議論を避けられる傾向にあります。 原子力発電は過渡期の

コロナ禍での移住を考える

今朝、モーニングショーを何気に見ていて、コロナ禍を契機とした「移住」の特集をやっていた。 都心から100km圏内へ広い住宅、都心と変わらない賃料や安価な土地建物を求めてオーシャンビューの物件等を紹介していた。 コロナ禍で、密を避けるのは大切で、住環境を良いところに求めていくのは重要。でも、台風や地震、その他のことでの災害リスクをどう考えるかも大事。 教育をどうするのか。小中高を伸び伸びと、でも受験