top of page
  • 株式会社エービーコンサルティング 鈴木健彦

投資用マンションの探し方に思うこと

先日、1件都内の物件のご契約をさせていただきました。


いわゆる「三為」でした。



弊社広告のアクセス解析を見ると、エンドの投資家さんはほとんど見ていないに等しい感じです。結局、三為をやれる事業者さんが、エンドの投資家さんをがっちりつかんでいるから、エンドの投資家様がご自身で物件探索をやらなくなっているのだなぁという実態がよくわかりました。

セミナー系、毎日のように各所で開催されています。これでエンドの投資家さんをがっちりつかんでいるのでしょう。

このような三為事業者の方のやり方と、波は地方にも多少出てきている感じがします。


その様な中でS銀行の不正融資の件、個人投資家さんの気持ちを削ぐ動きであり、マイナス影響が市況にこれ以上広がらなければ良いなと思っています。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨年中は多くの皆様に支えていただき、無事に事業を継続することができました。 関りをお持ちいただいた皆様に感謝申し上げます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。 6月から始まった弊社第5期も順調に推移し、鈴木が不動産業界に入ってから売買契約仲介件数が半年で最も多くありました。社会情勢の先が読み難い中であっても、相続や終活、事業活動として等、様々なお客さまをご紹介いただきお仕事をさせていただきました

農業売上高9兆円産業、アニメーション・ゲーム産業は9兆円産業。これにはいわゆる聖地巡礼などといった観光波及効果、コスプレ・フィギュア制作・販売のすそ野の広がりは含まれていません。 食のセキュリティが言われている中、農業の重要性はわかっているつもりです。産業規模として、アニメーションやゲームといったものは農業以上の売り上げがあり、かつ、世界市場で闘える数少ない国内産業になってきています。 しかし、地

最終回、火曜日夜にリアルタイムで見ることができました。「サブリース」が今回のテーマで、昼間の情報番組でもNHKでは過去のサブリースによる消費者問題化した事例を放送していたようです。 サブリースとは、所有者の方が「丸投げ又貸し」をする事業者にお任せして、「家賃保証」をしてもらって楽に収益を上げようというもの。 しかし、この契約に色々と罠が仕掛けれていて… 結果的に仲介事業者や建設事業者が設けて、投資

bottom of page