• 株式会社エービーコンサルティング 鈴木健彦

西日本と東日本の違い 〜奥ゆかしいはビジネスでは通じないことも

 先週の幕張メッセのIT系の展示会では、IT企業の誘致をしたい自治体が数カ所出展していました。東北の自治体の参加はありませんでした。


 この数カ所の自治体には、日本立地センターの名刺で挨拶をさせてもらいました。

 

 東北電力勤務当時に日本立地センターに出航中、全国の様々な自治体の方と産業立地動向の意見交換をしたり、講演をさせてもらいました。東日本、特に東北の方は「いい話を聞かせてもらってありがとう」、西日本の方々は「いい話を聞かせてもらってありがとう。それでさっきの話を実現するために、〇〇したいので〇〇してくれますか」と必ずといって良いほど、次の展開の相談も付いてきました。それで日本立地センターとしての次の調査コンサルの仕事になる場合もありました。

 企業誘致活動に成果を挙げている地域ほど、「いい話」だけで終わることはなかったです。


 今回、名刺交換を終えて戻ってきてから、早速メールをもらって、名刺交換してきたことから掘り下げての相談を受けました。展示会で市場調査目的で行ってますので、多くの企業の方とも名刺交換してます。今後、DMいろいろくるだろうなと思ってますが、そのような企業の中で対応の早いところと同じタイミングです。


 決して、企業誘致に条件が良い地域とは思いません。でも、地域の熱量が、企業も人なので、その人を惹きつけることにつながります。


 地域性というのは、なかなか変わらないなと思います。レスポンスというか積極性の話です。日本の市町村は1700強有ります。I T化が進み、光回線があれば世界中の地域がライバルにな利ます。

このよう中で、この地方ならでは、この地方でなければ、というオンリーワンの強みをどのように出していくのか。

「いい地方だから、いい事あるから、来てくださいね」ではなく、具体的ことでしっかりアピール、積極性がないと勝ち残れないと思っています。




閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

最終回、火曜日夜にリアルタイムで見ることができました。「サブリース」が今回のテーマで、昼間の情報番組でもNHKでは過去のサブリースによる消費者問題化した事例を放送していたようです。 サブリースとは、所有者の方が「丸投げ又貸し」をする事業者にお任せして、「家賃保証」をしてもらって楽に収益を上げようというもの。 しかし、この契約に色々と罠が仕掛けれていて… 結果的に仲介事業者や建設事業者が設けて、投資

昨日ではなく、前回放送時でしょうか、 ご年配の方のご自宅の売却を進めようとしていた桐山が、市場価格よりも安価な価格での契約を進めようとしていて、月下が騙されているからと売主のご年配の方に契約をやめさせようとしていた話がありました。 (以下、ネタばれ注意です) 時間を掛けて、更に手間も掛けて売却しても良いお客様であれば、市場価格並みというか、それ以上の価格で売却できることも有ると思います。 今回のド

今月末で無事に創業から4期目が終わります。 多くの皆様に支えていただきながら、売買仲介と関連する調査コンサルの事業継続ができています。不動産業界へ転職して10年目に入りました。関係頂いた皆様に感謝です。 さて、NHKの「正直不動産」が好評のようです。原作も読んで、ドラマも見ています。今日は、「地面師」がテーマでした。幸いなことに、私は関係することなくこれまで来ていますが、不動産業界に入ってすぐ、「