• 株式会社エービーコンサルティング 鈴木健彦

西日本と東日本の違い 〜奥ゆかしいはビジネスでは通じないことも

 先週の幕張メッセのIT系の展示会では、IT企業の誘致をしたい自治体が数カ所出展していました。東北の自治体の参加はありませんでした。


 この数カ所の自治体には、日本立地センターの名刺で挨拶をさせてもらいました。

 

 東北電力勤務当時に日本立地センターに出航中、全国の様々な自治体の方と産業立地動向の意見交換をしたり、講演をさせてもらいました。東日本、特に東北の方は「いい話を聞かせてもらってありがとう」、西日本の方々は「いい話を聞かせてもらってありがとう。それでさっきの話を実現するために、〇〇したいので〇〇してくれますか」と必ずといって良いほど、次の展開の相談も付いてきました。それで日本立地センターとしての次の調査コンサルの仕事になる場合もありました。

 企業誘致活動に成果を挙げている地域ほど、「いい話」だけで終わることはなかったです。


 今回、名刺交換を終えて戻ってきてから、早速メールをもらって、名刺交換してきたことから掘り下げての相談を受けました。展示会で市場調査目的で行ってますので、多くの企業の方とも名刺交換してます。今後、DMいろいろくるだろうなと思ってますが、そのような企業の中で対応の早いところと同じタイミングです。


 決して、企業誘致に条件が良い地域とは思いません。でも、地域の熱量が、企業も人なので、その人を惹きつけることにつながります。


 地域性というのは、なかなか変わらないなと思います。レスポンスというか積極性の話です。日本の市町村は1700強有ります。I T化が進み、光回線があれば世界中の地域がライバルにな利ます。

このよう中で、この地方ならでは、この地方でなければ、というオンリーワンの強みをどのように出していくのか。

「いい地方だから、いい事あるから、来てくださいね」ではなく、具体的ことでしっかりアピール、積極性がないと勝ち残れないと思っています。




閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨年度、経済産業省東北経済産業局による調査を受託し、取りまとめた内容が以下の東北経済産業局HPに公開されました。 東北地方に立地する関係産業を地図上に落とし込んだ資料や関連講演会の講演録などが掲載されています。 また、東北地方になかった「ゲーミングPC付賃貸住宅」を平和住宅情報センター様に取り組んでいただいている他、企業誘致の可能性なども本調査で把握できました。(誘致関係は本報告書には掲載していま

コロナ禍に大きく影響を受けた2021年。 皆さまはどのような1年を過ごされておりましたでしょうか? ブログ更新も相当怠けていましたが、不動産売買では大学不動産業務を通じた売買仲介で東京都内の土地を扱わしてもらえたり、地元仙台でも相続後の資産の組替え整理のお手伝いをさせて頂いたほか、区分マンション仲介もさせて頂きました。 調査業務では経済産業省東北経済産業局のコンテンツ産業の基礎調査をさせて頂き、平